2011年08月24日

おりば

oliver.jpg

Oliver / The Boss (LP)

きゃ〜〜〜オリバー・チータムさん。
82年のOLIVER名義のアルバムねん。One WayのA.D.Kが全面バックアップしているこのアルバム、ダンスナンバーからとろとろスローまでとってもすてき。コモドアーズのカバー「Lady」以外(笑)は全部すき・・・
B-2のデュエットしているおね〜さんはいったい誰?
posted by at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

ごんざれす

gonzalez.jpg

Gonzalez / Haven't Stopped Dancin' (LP)

samnyさんに「ブログ更新しろ!」って怒られちゃったから頑張って更新しちゃうもんね。

ラテンな人たちのラテン・ディスコなこのアルバム。78年のリリースね。
B-1のタイトル曲がちょっとヒットしたみたい。サンバな感じのパーカッションがブリブリのディスコで、めちゃノリノリ。腰が浮いちゃうわぁ〜〜 ジャケに負けず劣らずの能天気ぶり。最高よん。
んで、冒頭のA-1「Just Let It Lay」もかっこいいわ。重いベースラインにクラップとホーンが絡むファンク曲ね。
ま〜この2曲がすべてって感じではあるわ。この2曲が表裏のフランス盤12インチもあるみたいだけど、2曲とも収録時間同じだから安いLPで充分ってわけ。
posted by at 10:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

ちゅ〜

chew.jpg

Chew / See The Light (CD)

アッシュフォード&シンプソンさんのミュージカル・ディレクター他、様々な著名アーティストと共演してきたキーボード・プレイヤーのレイ・チューさんのリーダー・バンドね。83年リリースのたぶん唯一のアルバム。
ま〜メンバーの顔ぶれがすごいわ。チューさんにドラムのヨギ・ホートンさん、ベースのティンカー・バーフィールドさん他、超〜〜一流どこセッション・ミュージシャンが名を連ねてるの。

で、アルバムの内容なんだけど、一聴した感じは良質の80'sサウンドが繰り広げられてるわ。バックの演奏はもう完璧。ただ、ライナーでも書いてあるけどリードのおね〜ちゃんの歌がちょっと弱いのと、コレっていう決め手の一曲がないのが残念ね。デュエットのミディアム「I Like It」がやっぱしベストかしらねん。骨太のミッド・ダンサーなタイトル曲もいいわ。個人的にはNYファンクちっくな「Tell Me You Love Me」がとにかく演奏かっこよくって気に入ってるのよ。リードが強力だったらどんなに良かったことかしら・・・

自殺され亡くなったヨギさんのドラムをはじめ、当時超一流ミュージシャンの演奏が聴けるだけでも価値あるアルバムだわね。

嬉しいCD化です。じゃんじゃん
posted by at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

れいくさいど

lside.jpg

Lakeside / same
 先日来日したレイクサイド。
 来日記念ってわけじゃ〜ないけど取り上げちゃうわ。
 77年、ソーラー以前のABCからの1stねん。
 A-1の「Shine On (Lift Your Spirit Higher)」から、なんとも荒削りな
 ファンクナンバーで幕を開けるのよね。ファンクはどの曲も似たような
 風でまだまだ発展途上って感じ・・・
 彼らの代名詞的なスローも曲はイマイチなんだけど、コーラスが
 まるでコーラスグループのようで大器の片鱗をうかがわせてるわ。
 このアルバムで僕の一番のお気に入りはディスコ風なリズムの
 「Diamond Girl(Tell Me Why You’re Crying)」ねん。タイトルも
 すごっくいいじゃない?
posted by at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

べんむあ

benmoore.jpg

Ben Moore / Slow Dancin' (LP)
 ジェームス&ボビー・ピューリファイの2代目シンガーだった
 ベンさん。79年のソロね。
 僕の一番のお気に入り曲は軽快なダンスナンバー「I've Got
 A Winner InYou」なのね。79年だし、フィリーの影響受け
 てるんだろな〜って容易に想像つくストリングスだったりコー
 ラスが、なんだか温かいベンさんの声にすごくマッチしてるわ。
 ゆったり流れるミディアムのタイトル曲もいい感じ。
 マスカレーダーズのカバー「I Ain't Got To Love Nobody
 Else」もよく出来てるわん。
posted by at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

あいるび〜じあざ〜う〜まん

adc.jpg

ADC Band / I'll Be The (Other Woman) (12)
 以前、JCさんに聴かせてもらったことのあるこのお皿、
 見つけたんで買ったのねん。
 ようはsamnyさんと同じ口(笑)↓
 http://blog.livedoor.jp/samny/archives/51603153.html

 曲はもちろんあのソウルチルドレンの大有名曲のカバー
 なのね。ま〜曲がいいのは当然なんだろうけど、この
 カバーったらオリジナルに負けず劣らずしっとり仕上げて
 くれちゃってるのよね〜〜〜 んも〜〜すごっくぐっとき
 ちゃう。オリジナルにはないサックスソロあたりで悶絶
 まちがいなしね。
 ADCバンドといえば前身がブラックナスティーだったわよね。
 スタックスの大先輩に敬意を表したカバーってことかしら
 (勝手な想像)。
posted by at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

うぃり〜あんどざまいてぃまぐにふぃせんつ

willie.jpg

Willie & The Mighty Magnificents / On Scene 70 (LP)
 オールプラチナムのファンクバンド、1枚目ね。
 JCさんが「タイトンアップのヒットが当時のファンクバンドに与えた
 影響は計り知れない」てなこと言ってたことがあるのねん。で、この
 アルバムのA-1「Funky 8 Corners」を聴くとものすごく納得しちゃうの
 よ。ようはタイトンアップにそっくりってわけ。
 で、マスクマンさんも一押しの「Take My Love」。独特なストリングス
 が最後まで絡みつく、一度聴いたらなかなか頭から離れない、こうい
 う他にはない感じってのが重要なのねん。
 そこまでの域には到底及ばない僕の好みは、ジョージスミスさん風の
 ハスキーなリードがとにかくかっこいい「I Know The Score」なのねん。
 (確か?)モーメンツもやってた「The Hurt's On You Baby」もグッドです。
 ただね、この再発盤とにかく音が悪いわ。
posted by at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

とぅげざぁ〜

together.jpg

Together / Don't You Want To Go (LP)
 以前JCさんにこのレコを借りて聴いてから常に僕のウォント・リスト
 の上位にあったこのお皿、念願かなって手に入れたのねん。
 まっ嬉しいわん。
 ダサダサなファンクとインストの2曲(1曲はアースのカバーなのに
 なぜかインスト)以外は全部いいわ。特にスウィートはも〜バツグン
 なのよ。このファルセットの声がいいのよね〜〜 タイトル曲のA-1
 からミディアムのA-2、スローのA-3と頭3曲は完璧なトロトロ具合よ。
 ソウルフルサングスにも収録されてたB面のスウィート「How Do You
 Say Goodbye」もいいわ〜〜
 スウィート・ファンは必聴かもね?
posted by at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

ぼそにくす

vosonics.jpg

Vosonics / same (LP)
 “本格派コーラスグループ”ってのにクラッとくるソウルファン
 は多いと思うのねん。僕も例に漏れずそういうのに弱いのよ。
 で、83年、インディーズ・リリースのこのアルバム、西海岸の
 グループだと思うけど、まさに本格コーラスグループってのを
 売りにした仕上がりなのね。ただ、悲しいかなそこはインディー
 ズよね・・・ 大失敗したテンプスてな曲のオンパレードなわけ。
 A面はデニスさん張りのバリトンがリードのダンスナンバーが
 中心で、はっきし言って酷いわね。
 ロンタイソンさん風のファルセットが頑張ってるバラード中心の
 B面も酷いけど、まだバラードの方が聴けるって感じ・・・
 しいてあげればB-2のバラード「Special Love Song」と、もろに
 テンプス風のB-4「Set My Soul On Fire」がゴキゲンかもね?
posted by at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

いらいじゃじょーんず

elijah jones.jpg

Elijah Jones / In The Land Of Making Love (LP)
 元T.N.J.'s、インスタントファンクのメンバーだったイライジャさん、86年の
 ソロアルバムねん。
 ま〜なんてったてかっこいいのはタイトルの「In The Land Of Making Love」
 なのよね〜〜 ラップも交えたイントロにNYファンクちっくなブギー曲。
 んも〜踊りだしちゃう・・・
 他のダンスナンバーにもかっこいい曲が多いわん。
 歌が上手いからバラードもそれなりなの。T.N.J.'sのカバー(セルフカバー?)
 「Falling In Love」なんかもやってて聴き所の一つになってる感じ。

 ただし、なぜか2曲もやってるジョンレノンさんのカバーはダメダメね。
posted by at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。