2009年09月05日

れいどいんく

Reid Inc.jpg

Reid, Inc. / same (CD)
 クラーレンス・レイドさんpro、77年のTK傘下ボールド盤、女
 の子4人組ね。
 ま〜例のフリーソウルで「What Am I Gonna Do」が取り上げ
 られ、この曲が人気になってCD化されたみたい。それももう10
 年前のことだけどね。
 グループ名にクラーレンスさんの名前を冠してるくらいだから、
 クラーレンスさん肝いりのデビューだったと思うんだけど、当時
 まったく売れなくってTK屈指のレア盤になっちゃった。と、ラ
 イナーでJAMさんの説明があるわ。
 ベストトラックはやっぱし「What Am I Gonna Do」かしらね。
 イントロのギターカッティングがかっちょよくって、清々しい
 楽曲に彼女達の歌がまったく歌えてないとこがいいわ。
 個人的にはファンク調の「I'll Be Damned If It's Me」も結構
 好き。
 カバーは3曲、オーティス・レディングの「Respect」、オーティ
 ス・クレイの「That's How It Is When You Are In Love」、クラ
 −レンスさんの「New York City」ね。まっ、どの曲もたいした
 ことないって感じ・・・ ルー・カートンさんのNYCと比べちゃ
 かわいそうかもね?
posted by at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。