2011年04月25日

ちゅ〜

chew.jpg

Chew / See The Light (CD)

アッシュフォード&シンプソンさんのミュージカル・ディレクター他、様々な著名アーティストと共演してきたキーボード・プレイヤーのレイ・チューさんのリーダー・バンドね。83年リリースのたぶん唯一のアルバム。
ま〜メンバーの顔ぶれがすごいわ。チューさんにドラムのヨギ・ホートンさん、ベースのティンカー・バーフィールドさん他、超〜〜一流どこセッション・ミュージシャンが名を連ねてるの。

で、アルバムの内容なんだけど、一聴した感じは良質の80'sサウンドが繰り広げられてるわ。バックの演奏はもう完璧。ただ、ライナーでも書いてあるけどリードのおね〜ちゃんの歌がちょっと弱いのと、コレっていう決め手の一曲がないのが残念ね。デュエットのミディアム「I Like It」がやっぱしベストかしらねん。骨太のミッド・ダンサーなタイトル曲もいいわ。個人的にはNYファンクちっくな「Tell Me You Love Me」がとにかく演奏かっこよくって気に入ってるのよ。リードが強力だったらどんなに良かったことかしら・・・

自殺され亡くなったヨギさんのドラムをはじめ、当時超一流ミュージシャンの演奏が聴けるだけでも価値あるアルバムだわね。

嬉しいCD化です。じゃんじゃん
posted by at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。