2008年04月06日

れおなるどじゅりあんさんせい

lEONARD JULIEN.jpg

Leonard Julien III / Reflections Of Soul (CD)
 昨年、インディーズからリリースされCDRだけで流通してた
 このアルバム、日本盤でCD化され即購入よ。
 んま〜〜〜〜素晴らしいわ。歌える男は一味違うのよ。
 ライナーで鈴木さんがこの人の素晴らしさを言い表すのに
 「デヴィッド・ラフィン、バリノ・ブラザース(なぜバリノ?)、
 グレン・ジョーンズ、そしてシェリック以来の大器」って
 書いてるけど、あながち大げさでないくらい歌えてるわ。
 「I Can't Belive You」で声がひっくり返るとこなんかデヴ
 ィッド・ラフィンさんそっくり。意識してやってるんだと思う
 んだけど実に自然なのよね・・・ ジェリー・バトラーのカバー
 「Never Give It Up」もオリジナルより良いんじゃない(って、
 なんて渋いカバーかしら)。スムースなミディアム曲が多いけ
 ど、どの曲も素晴らしいわ・・・ で、最後にサム・クック調の
 曲をやっちゃうとこなんか日本のオヤヂ・ソウルファンへの
 サーヴィスも怠ってないの。
 歌に酔いしれちゃう感じね。すべてのソウルファンはマストバイ
 よん。
posted by at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。