2010年05月06日

ふぁず

fuzz.jpg

Fuzz / same (LP)
 71年リリース、女の子3人組のガールグループねん。
 このレコ、レコ屋でみかけはするんだけどいつもちょい高で手が
 出なかったのよ。今回、比較的安く見つけたから買っちゃった。
 
 代表曲の「I Love You For All Seasons」には僕も胸キュン。聴く
 たび汚れた心が洗われる気がするわ。すごくすてき・・・
 同タイプの「It's All Over」「Leave It All Behind Me」ちょっと
 SSWっぽい「All About Love」と粒ぞろいなアルバムだわね。
 ハンドクラップがとってもとってもキュートな「I'm So Glad」も
 気にいったわん。
 
 余談だけどこの頃のカーラってレーベール・ロゴのデザインが違う
 のね。
posted by at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

せいる

sail.jpg

Sail / Steppin'Out On Saturday Night (LP)
 78年リリースのこのアルバム。たぶんNYのグループでラテン系の人
 たちかしらねん?ロックな曲とかもあるし・・・
 んま〜なんたってTargetのカバー「Give Me One More Chance」が
 かっこいいのよね。Targetのverもシングル持ってる(もちろん再
 発)んだけど聞き比べても疾走感が増しギターカッティングが強調
 された感じがとってもナイスよん。最高にゴキゲンなモダン・ソウ
 ルに仕上がってるわ。もしかしてリードの声質も似てるしTargetが
 このグループの前身なのかもかも?
 ドラムブレイクから始まるB1もかっこいいんだけどインストなのよ
 ね・・・ インストOKなレアグルーヴ好きな人にはオススメです。
posted by at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

ろっき〜ろびんす

rockie.jpg

Rockie Robbins / same (LP)
 僕、お店でよくこの人かけるのよね。だからきっと好きなシンガー
 なんだと思うのよ。一番好きでよくかけるのは2ndの「You And Me」
 だけど1stも3rdも(91年の5枚目は持ってない)それぞれに好きな
 曲があってかけてるの・・・ で、85年のこの4枚目なんだけど
 打ち込みがあったりしてその時代の音になった分トータルでみると
 1〜3枚目に比べ見劣りしちゃう感じするのねん。
 でもね、とっても気持ちいいミディアムの「We Belomg Together」
 とかがあるわけ。これがまたいいのよね〜〜
 可もなく不可もないありきたりなバラード「Stay With Me」なんかも
 『俺って歌上手いだろ〜〜〜』ぐらい思ってんじゃないかなほど歌
 い上げちゃってるのよね。普通はそれが鼻に付くんだけどこの人の
 場合は許せちゃう気がする僕はやっぱしこの人好きなんだな〜〜
 ってことなのねん。
posted by at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

じぇいあ〜るべいり〜

jr.jpg

J.R.Bailey / Love & Conversation (LP)
 77年リリースの2枚目かしらね?「Just Me'n You」のインパクト
 が強烈すぎたのか?もともと歌の上手い人じゃないせいか?はた
 また僕の好みが変ったのか?このアルバムぜんぜん良いと思わな
 いのよねん。でもま〜そんななかで“この曲!”ってことになる
 と「That's Love」ってことになるわけ。ちょっとテンポをあげた
 ラブラブラブって感触のこのミディアム曲がこの人に求める音に
 一番応えてると思うのよん。同タイプの「Stella By Starlight」が
 続いて良いってとこかしら・・・
posted by at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

くらいまっくす

klymaxx.jpg

Klymaxx / Never Underestmate The Power Of Woman (LP)
 タイトル長げぇ〜な〜〜
 女の子8人組のヴォーカル&インスト・バンド。
 レイクサイドのスティーヴ・ショックリーさん、オーティス・
 ストークスさんpro、81年ソーラー盤ね。1stかしらん?
 A1、A2と快調にゴリゴリなファンク・ナンバーがならんでいい
 感じ・・・ すごくかっこいいわ。 少しテンポ落とした軽く
 ポップなライト・ファンク(←変な言葉?)なA4「You're The
 Greatest」が一番のお気に入りね。
 ファンクはいいんだけど、残念ながら彼女たちの歌がそれほど
 上手くないもんだからバラードはちとキツイわねん。
posted by at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

か〜ちすへあすとん

curtishairston.jpg

Curtis Hairston / same (CD)
 元バーベキューバンド(85年のアルバムGenieに参加)のカーティス
 さん、86年のソロねん。
 前半の4曲をグレッグ・ラドフォードさん(誰?)、後半4曲を元ブレ
 イクウォーターのケイ・ウィリアムスさんがproしてるの。
 伸びやかなハイテナーなカーティスさん、スローよりダンスナンバー
 に魅力ある曲が多いわ。ギターカッティングがなんとも爽やかな
 ナンバー「The Morning After」、チョッパーベースがかっちょいい
 「Chillin' Out」、この2曲がベストだと思うんだけどど〜かしら?
 調べたら、この人ゲイでエイズで亡くなってるらしいのよ。良い
 歌い手さんはみんなゲイね!すみません、言い過ぎました(笑)。
posted by at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

れいどいんく

Reid Inc.jpg

Reid, Inc. / same (CD)
 クラーレンス・レイドさんpro、77年のTK傘下ボールド盤、女
 の子4人組ね。
 ま〜例のフリーソウルで「What Am I Gonna Do」が取り上げ
 られ、この曲が人気になってCD化されたみたい。それももう10
 年前のことだけどね。
 グループ名にクラーレンスさんの名前を冠してるくらいだから、
 クラーレンスさん肝いりのデビューだったと思うんだけど、当時
 まったく売れなくってTK屈指のレア盤になっちゃった。と、ラ
 イナーでJAMさんの説明があるわ。
 ベストトラックはやっぱし「What Am I Gonna Do」かしらね。
 イントロのギターカッティングがかっちょよくって、清々しい
 楽曲に彼女達の歌がまったく歌えてないとこがいいわ。
 個人的にはファンク調の「I'll Be Damned If It's Me」も結構
 好き。
 カバーは3曲、オーティス・レディングの「Respect」、オーティ
 ス・クレイの「That's How It Is When You Are In Love」、クラ
 −レンスさんの「New York City」ね。まっ、どの曲もたいした
 ことないって感じ・・・ ルー・カートンさんのNYCと比べちゃ
 かわいそうかもね?
posted by at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

どくた〜ぶぎ〜

dondowning.jpg

Don Downing / Doctor Boogie (LP)
 この人、白人黒人混成ロカビリー・バンド「Rodney & The Blazers」
 の元メンバーなんだって。へ〜〜〜
 で、73年のディスコ・ヒット「Dream World」のリミックスを収録した
 78年のこのアルバム、Dream Worldも悪くないけど僕が一番気に入っ
 てるのはタイトル曲の「Doctor Boogie」なのねん。
 いかにも78年当時のディスコ受け狙いのゴージャズなストリングス
 のイントロから始まるもったりしたリズムの曲なんだけど、それが
 なんとも気持ちいいのよん。こ〜いうの好きだわ〜〜
posted by at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

はぜ

haze.jpg

Haze / same (LP)
 これは嬉しい再発か?ミネアポリスの7人組、74年のアルバムねん。
 オリジナルは万超えのレア盤なの・・・
 ハモンドオルガンとパーカッシブなリズムがブンブンうなる楽曲が
 中心のアルバムだけど、僕の耳にはロックにしか聴こえないのよ。
 となると、目玉はバラードの「I Do Love My Lady」ってことにな
 るのよねん。オルガンとパーカッションが効果的なイントロから
 コーラス、歌ってくるんだけど、なかなか官能的な作りでリードが
 裏声でコーラス割って入ってくるとこなんかゾクゾクするわ。
 めちゃくちゃ良い曲ってわけでもないけど、この1曲のために「買い」
 でもいいアルバムかもね。再発ならば・・・
posted by at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

てるまひゅっすとん

thelma.jpg

Thelma Houston / Any Way You Like It (LP)
 77年リリースのこのアルバムを語るのに外せないのはディスコ・
 ヒットのダンクラ「Don't Leave Me This Way」ねん。ハロメル&
 ブルーノーツがオリジナルのこの曲、原曲に忠実ながらディスコ
 にアレンジしたのがミソだと思うんだけど、僕的に悪くはないが
 どっちでもいい曲ね・・・ で、僕がこのアルバムで注目したのは
 マイケル・L・スミスさんproの3曲なのよ。
 3曲中2曲がバラードで、マイケルさんのペンによる「Don't Make
 Me Pay」はエレキシタールと語りから始まるコッテコテのスウィ
 ート曲なのねん。この曲、テルマさんには悪いけどファルセット・
 リードのグループがやってくれてたらどんなに良かったことかしら?
 あ〜残念・・・ で、もう1曲のバラードもイマイチで、残るダンス・
 ナンバーのタイトル曲「Any Way You Like It」、これがかっこ
 いいのよ。跳ねるベースに絡むホーン、テルマさん第一声の
 シャウトとスキャットにゾクゾクするわ。ただね、難を言えば
 ちょっと曲が長すぎて後半ダレルのよね・・・
 結論言うとこのアルバムのベストトラックは「Any Way You Like
 It」の前半2分ってことで決まりねん。
posted by at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。