2008年08月02日

いぼ

ebo.jpg

Ebo / I'd Rather Be By Myself (LP)
 元ハロメル&ブルーノーツでテディ・ペンの抜けた穴を見事
 (か?)に埋めたイーボさん、86年のソロ・アルバムね。
 1曲目の親バカぶりを前面にだしたタイトル曲のバラード
 「I'd Rather Be By Myself」はちょっと気張りすぎな感じが
 しないでもないけど心地いいバリトンでじっくり聴かせてく
 れるの。とってもすてき・・・
 バラードでは「Can You Forgive Me」もいいわね。A-2、A-4
 B-1、B-2ってあるダンスナンバーもシャウトが冴えててなか
 なかいけてるわん。
posted by at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

えも〜ちおなり〜ゆあ〜ず

o'jaysE.jpg

O'Jays / Emotionally Yours (CD)
 masatoさんたちがやってる連動企画、「ブックオフで出会った
 (出会うかもしれない)Late80's&Early90's Black Singer(Group)」
 に参加しようかと思って(たぶんこれっきり)選んだのがこれ
 ね・・・ 言わずもがなオージェイズの91年のアルバムなんだ
 けど、とっても渾身の作だと思うのよ。ボブ・ディランのカバー
 なタイトル曲をR&Bとゴスペルの2ヴァージョンでやってて聴き比
 べも楽しいし、往年のフィリー・バラードを彷彿しちゃう「If I
 Find Love Again」もいいのよね〜 しっぽりスローの「Keep On
 Pleasin' Me」なんてぐぐってきちゃうもん。
 こ〜いうのベテランの味って言うんじゃないかしらん?
posted by at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

うぃりこりんず

willie collins.jpg

Willie Collins / Where You Gonna Be Tonight? (LP)
 86年の1枚目ね・・・ でも、70年くらいからのキャリアの
 ある人みたい。長い下積みを経てやっと出したアルバムって
 とこかしらん?
 ま〜実に熱く黒い歌いっぷりで実力のある人なんだと思うわ。
 これといったキャッチ〜な1曲がないのが残念だけど、全体と
 してはとってもいいアルバムねん。
 タイトル曲の「Where You Gonna Be Tonight?」、ウーマック
 &ウーマック作の「Restless」、ロックミートゥナイト似なバラード
 「Let's Get Started」、ミディアムの「Girl In The Corner」あたり
 聴き応え充分よん。
posted by at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

ろば〜とうぃんた〜ずあんどふぉ〜る

robert winters & fall.jpg

Robert Winters & Fall / LOVE (LP)
 1stの「Magic Man」も好きなアルバムだけど、82年のこの
 2ndもいいわね〜〜〜 1曲目、アル・グリーンのカバー
 「LOVE」からも〜ノリノリで、ミディアムの2曲目「Do That
 To Me One More Time」、3曲目のミディアム・スロー「Do It
 Any Way You Want」と続くA面の頭3曲の流れは完璧ね。
 A面に比べるとちょっとB面は落ちる気がするけど、それでも
 スローの「I Love You Mom」やダンスナンバー「Lock Me Up」
 の2曲はとってもグ〜よん。
posted by at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

そにちゃ〜るず

Sonny Charles.jpg

Sonny Charles / The Sun Still Shines (LP)
 Checkmates LTDに在籍していたソニーさん。ヒットした
 「Put It In Magazine」収録、82年のアルバムね。
 ま〜なんてったって「Put It In Magazine」がすごくすてき。
 メロウなイントロから始まるダンスナンバーなんだけど、曲
 も歌もアレンジも完璧だわ。とっても良く出来てるの・・・
 6分越えの大作バラード「Week-end Father Song」も気に
 いってます。
posted by at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

せんとらるらいん

central line.jpg

Central Line / same (LP)
 ネタでも有名な「Walking Into Sunshine」収録、81年のアルバム
 なの。この人たちって英国のグループだったかしらん?
 バスドラがドンドンきちゃう「Walking Into Sunshine」はフロア映
 えしそうな一曲ね。でも、うちのお店じゃ〜ダメかしらん?
 ダンクラかけるときに使います。
 
posted by at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

べいべ〜あいうぉんちゅ〜〜

babyiwantyou.jpg

Moments / (A)Baby I Want You (B)Pray For Me (EP)
 ピクチャースリーブで再発(というか復刻)されたミゼル・
 ブラザースさんproのモーメンツ、1stシングルね。
 僕の知ってるモーメンツとはメンバー全員違うし、別のグ
 ループって気がしないでもないけど、彼らの歴史がここか
 ら始まったのは間違いないもんね・・・ 聴けることに感謝
 よん。
 「Baby I Want You」は軽快なノーザンでモータウンのパク
 リ的なストリングスがたまらないわ。元気ハツラツって感じ。
 一転して「Pray For Me」はいかにも60年代なアーリー・ス
 ウィートな曲なのよ。すてき・・・
 
 
posted by at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

ぴ〜せすおぶあどり〜む

pieces of.jpg

Pieces Of A Dream / Makes You Wanna (LP)
 88年のアルバムよ。グローヴァー・ワシントンJrさんと密接な
 関係にあるグループみたい(どんな関係かは知らないけど)。
 インスト多いし、フュージョンなサウンドのブラコンね。でも、悪
 くはないわ。目玉はやっぱりケニー・バークのカバー「Rising
 To The Top」かしらね。オリジナルよりビートに強弱があって
 ま〜ま〜かっこいいの。歌ものならスムースなダンス・ナンバー
 「We Belong To Each Other」が一番聴き応えあるかしらん。 
 「Feelin' For You」が続いていいわね。最後のインスト「Holding
 Back The Years」が誰のカバーか思い出せなくって30分くらい
 もんもん・・・ やっと思い出した答えはシンプリー・レッドでした。
 
posted by at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

れおなるどじゅりあんさんせい

lEONARD JULIEN.jpg

Leonard Julien III / Reflections Of Soul (CD)
 昨年、インディーズからリリースされCDRだけで流通してた
 このアルバム、日本盤でCD化され即購入よ。
 んま〜〜〜〜素晴らしいわ。歌える男は一味違うのよ。
 ライナーで鈴木さんがこの人の素晴らしさを言い表すのに
 「デヴィッド・ラフィン、バリノ・ブラザース(なぜバリノ?)、
 グレン・ジョーンズ、そしてシェリック以来の大器」って
 書いてるけど、あながち大げさでないくらい歌えてるわ。
 「I Can't Belive You」で声がひっくり返るとこなんかデヴ
 ィッド・ラフィンさんそっくり。意識してやってるんだと思う
 んだけど実に自然なのよね・・・ ジェリー・バトラーのカバー
 「Never Give It Up」もオリジナルより良いんじゃない(って、
 なんて渋いカバーかしら)。スムースなミディアム曲が多いけ
 ど、どの曲も素晴らしいわ・・・ で、最後にサム・クック調の
 曲をやっちゃうとこなんか日本のオヤヂ・ソウルファンへの
 サーヴィスも怠ってないの。
 歌に酔いしれちゃう感じね。すべてのソウルファンはマストバイ
 よん。
posted by at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

すも〜くしゅが〜

smokedsugar.jpg

Smoked Sugar / same (LP)
 20th Century 77年リリースのアルバムね。このグループ、
 何者か分からないのよね〜〜〜 ライター・クレジットにジェ
 イムス・コンウェルさんの名前があるんだけど何か関係ある
 のかしらん?
 フリーソウルのコンピに「I'm A Winner」が収録されてるみた
 いだけど、シカゴとゴスペルを足して2で割ったようなこの曲、
 オルガンが効果的でなるほどフリーソウルかもかも?
 でね、泣き節なファルセットで僕のキュートなハートを締めつ
 けるバラード「Don't Let The Feeling Hit Me Again」がも〜
 絶品なのよ。たまらないわ、これ・・・ 同タイプでテンポを
 あげた(というか途中からテンポの変わる)「Keeping Up My
 Front」が続いていいわね。
posted by at 02:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。